Kengo Okazaki
ソフトウェアエンジニア

ずっと抱き続けてきた「英語をペラペラ話せるようになりたい」という夢を叶えるため、今年(2019年)の7月からマレーシア の語学学校に通い始め、英語の勉強、リモートワークと海外生活に悪戦苦闘中。